てんかんの治療薬ラメズ

ラメズとはてんかん発作を抑える作用を持つ薬です。
ラモトリギンを主成分としており、ラミクタールのジェネリック医薬品であるため、価格が安いのも特徴のひとつです。
てんかんによる痙攣を抑制したり、意識障害を伴うてんかんの治療にも用いられますが、躁うつの治療にも効果があります。

てんかんとは発作を繰り返す脳の病気で、年齢や性別や人種に関係なく発症します。
WHOの定義によると「脳の慢性疾患」というものです。
脳内の電気信号を送る細胞が、異常に興奮するために起こる発作で、突然意識を失ったり全身が痙攣を起こしたりします。
てんかんの疑いがある男性てんかんは脳の大部分が興奮することで起こる全般発作と、脳の一部分が興奮することで起こる部分発作に分けられますが、全般発作か部分発作かによってそれぞれ症状も少しずつ違います。

また、てんかんは様々な精神疾患の合併症を発症する確率が高い病気でもあります。
例えば、知的障害・性格変化・感情障害・行動障害・精神症様状態などの合併症です。
しかし、ラメズを服用することによって、これらを抑制することが可能になります。
主に神経細胞であるニューロンの活動を抑えることで、てんかん発作に繋がる興奮状態を抑えてくれる働きがあるのです。
脳神経の興奮を抑える働きを利用して、全般発作や部分発作を引き起こすのを防ぐというわけです。

ただし、ラメズには副作用も存在しています。
めまいや眠気や頭痛や発疹や注意力の低下などの副作用を引き起こすので、服用の際には注意が必要です。
特に服用後の車の運転は危険なので避けた方が良いでしょう。
しかし、ラメズを服用すると、てんかんによる発作や精神疾患に確かな効果を発揮するので、早期に服用するようにしましょう。
ラメズ以外にもラミクタールにはジェネリック医薬品があるため、体に合わなかった場合は他の薬を使用してみるのもいいでしょう。